読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

少し冷静になって、再度考えます。

 

1晩経って、少し冷静になった私が再度考えます。いろんな意見を見て自分の中に腑に落ちたものを中心に自分の今の考えをお話します。

 

 

こちらのリンクへ飛んだ方は、昨日の記事をご覧いただいた方でしょうか?

 

あなたの人生にいらない人が思うことを書きます。 - 好きなものは好きなんです。

 

昨日は怒り任せにぶちまけてしまって、なかなか過激発言をしてしまったことを少し後悔しつつ、すっきりもしています。あ、「すっきり」という言葉で煽った方が良かったですか?ネタが通じる人はとりあえず笑っといてください。こうやって笑っていかないと結構苦しいのです。こんなにも自分が重い人間だとは思いませんでしたよ。

 

人様のブログを拝見させていただき、確かに彼の流出LINEは友人に向けてだなということを思いました。(向こうの方とは意見が真反対なため、そちらに流れ迷惑のないようにリンクは遠慮させていただきました)冷静になってわかるなんてそれだけ周りが見れなくなっていたんですね。本当に恐ろしい。冷静って大切!

 

 

それを踏まえて考えても、今はまだ理解がし得ないのでじゃあ彼の何にむかつくのかということを考えてみました。

 

 

まず、人から見られているという芸能人意識か?と思いました。しかし、以前はいい意味と捉えていましたが、普段から彼は自信家ですし、芸能人であるプライドは誰よりも高そうなので違う。そうなると、彼が嫌いな「プロ意識の無さ」と考えると腑に落ちました。

 

常に見られている。もしかしたら誰かにリークされるかもしれないという意識が低いのかと思いました。以前私が書いたブログでアイドルは自分を商品とすると言いました。またアイドルは疑似恋愛を売っているパターンもあり、熱愛などはその商品モデルを壊してしまいます。

 

アイドルの恋愛というグレーゾーンなお話 - 好きなものは好きなんです。 

 

そのため、リークというのは自分の価値を下げる行為。それを想定せず、見れるようにしているのは好ましくありません。また、アイドルくんはタイムラインの閲覧は制限をして投稿していたようですが、それでも流されてしまったのですから閲覧制限の甘さが見されます。アイドルくんはリークの可能性は想定していなかったのでしょうか?

 

恨みはいつ、どこで、誰が買うか分かりませんし、どれだけ制限していても流れる時は流れます。ならば見られても大丈夫な文章を打つ。または、見られないように打たないという判断はなかったのでしょうか?彼はまるでFacebookのように投稿していたようですし(私的にTwitterのように投稿されるが、周囲に呼びかけるものや日記のようなものという表現でFacebookを選びました)、文章的に「事務所の対応には俺は不満があるから、上から連絡されるわ。マジムカつく。わけわかんねぇ。」って感じに取れました。

 

誰に見られてもいい文章で謝罪の意を込めるならばもっと文章があったのでは無いでしょうか?「みんなにも見てもらいたいんだけど、事務所から招待に制限がかかってしまったのでごめんなさい。後から個別に連絡します」でもいいです。なんで具体的な数字を入れた?なんで俺は悪くありませんっていう態度を出している?

 

具体的な数字はファンを不安にしましたし、断られた友人達は「私は40番目以降の友人」という考えを持つかも知れません。それぞれを考えると不満しかありません。何言ってんだ?ってなります。

 

 

頭を使ってください。見られる意識を持ってください。私からは今のあなたは「プロ意識の無い」人間です。あなたが嫌いな人間です。

 

 

今回はこれぐらいにしましょうか。またきっと冷静になったら考えるかも知れません。

 

マイナスな話をなぜ残すかっていうと、今の思いを残していたら、誰かがなにか思う人かもしれないし、笑えるようになった時に馬鹿だなーって思いたいので残しています。どうぞ皆さんは何言ってんだこいつとでも笑っといてください。笑

 

 

 

そして、アイドルくん。

今までは歌が上手いし、あなたなら何かやってくれると思って支持してきました。あなたなら仕方が無いとたくさんの熱愛などにも目を塞いできましたが、ファンはいつまでも優しくないですよ?いつでもあなたのファンをやめます。いつでもあなたの自信のある歌を聞かなくなります。芸能人にとって嫌いより苦しい、興味のない人間になってしまいます。

 

色々と気をつけてくださいね。

 

 

 

そうそう。

以前からこのグループのための火消しと思われる行為や記事が出てますが、ずっとアイドルくんたちの不祥事覚えてますからね。忘れたくても、忘れられません。

 

では、また。

あなたの人生にいらない人が思うことを書きます。

 

最近私の好きなアイドルグループのアイドルくんたち(一部)が問題を起こしすぎだと思うので、一番最近思ったことを書いてみようと思います。なかなか酷い発言をしています。担当の方は特に気分を害してしまうことがありますので、おすすめいたしません。この先は自己判断にてお読みください。

 

 

 

 

私にとってアイドルは「テーマパークのキャラクターと同じ、夢を与える仕事」だと思っています。

もしかしたらあのキャラクターの中には人間が入っているかもしれないし、その中は暑くて苦しいかもしれない。しかし、夢を与えるためにはそれは決して見せてはいけない。そして知っていても相手から夢を与えられたいなら「中は人だからしょうがないよね」と言ってはいけないと思います。

だって、「実は某夢の国のネズミくんの中には加齢臭が最近気になる年齢のおじさんがいる」なんて知ってしまったら、加齢臭が気になって仕方がなくなってしまいます。両腕で目一杯抱き着いて、満面の笑みで写真が撮れるか?私ならその被り物の目玉をじっと見て、中身が見れないかと考えてしまう。だから、隠してほしいと思っています。苦しくてもそれが仕事だろ?というのが私の本音です。自分の選んだ人生なのだから責任は自分にもあると思う。苦しくて、夢なんて与えたくないなと思うならやめて普通の人間になってしまえ!

 

少々熱くなってしまいましたが、それが私の考えるアイドルです。

 

 

そんなアイドルのタイムラインが流失しました。

 

 

様々なものが流失しましたが、私が気になったポイントは2つ。

 

 

 

まず一つに「ネチケット」について。

 

流出した数々の投稿の中で、ジャニーズファンに衝撃を与えているのが、コンサートチケットについての記述。同アカウントは、2015年3月に「NEWSのコンサートにお誘いした方または、行きたいと言ってくれた方へ」と前置きし、「本当に申し訳ないのですが、事務所が今回のツアーから1人40枚とわけのわからないルールを作ってしまい、みんなに観てもらえないことになってしまいました」と、友人らに宛ててつづっている。この「1人40枚」とは、出演者が知人を招待するためのチケット・通称“コネチケ”と言われるものについての制限枚数だと思われる。また、別日の投稿では「4月から始まるツアーですが、同じ業界の友人以外は基本的に本人はチケット取れないのでそこら辺のほどよろしくお願いします。。」というコンサートチケットについての説明とともに、「たくさんのお世話になってる友人に見に来て欲しいのですが、わけのわからんルールを作られてるので申し訳ありません。。」と、友人らへの謝罪文が掲載されている。

 

NEWS手越のLINEアカ流出で大量の“コネチケ”が発覚し、ファンは「チケット規約を守るのがバカらしい」|ジャニーズ研究会

 

画像をそのまま載せるのはまずいと思うので内容を要約していたジャニーズ研究会さんから引用させていただきましたが、とある一枚のスクリーンショットには以上のことが書かれています。

 

もちろん私自身コネチケットの存在は知っていたし、その存在は認めていました。普段お世話になる人を招待することは別に悪いことではないと思う。またどんな人に渡していたのかも大体想像していました。家族、仕事関係の人、友人…あとは言葉は控えさせていただきますが、様々な人を想像していましたし、実際に現場で見かけることもありました。ただ、具体的なことは知らなかったし、それは明らかにならないほうがいいと私は考えています。

 

 

よく行くコンサートのアイドルが言う「今日はファンと同じ時間を過ごせて幸せです!」、「ファンとのライブが俺にとって一番です!」。

 

ファンである私もそう思うし、そのコンサート中は最高に幸せな時間です。雑誌やTVなどでみるアイドルも好きですが、生の現場が一番気持ちがいい。コンサートがあるから、仕事や学校を頑張ろうとどれだけ思えるだろうか。だからまたコンサートに行きたくなる。きっとそう考えるのは私だけじゃないでしょう。

 

 

なのに、明らかになてしまったコネチケット。枚数は”40枚”。その投稿に添えられた言葉はチケットの枚数制限への怒り。つまり、40枚じゃ足りないというのです。

 

初めてこの事を知ったとき怒りを感じました。

交流関係の広い彼にとって40枚というのは少ない数字なのかもしれない。しかし、席数は限りがあるのだから、その40席分はファンは入れないということになる。40人って言ったら、大体私のフォロワーの全員になる。しかも、1人40枚までだから、このグループでいえば最大4倍の160人がコネチケットということになる。制限いっぱい呼んでいないとしても、事務所がOKを出したこの人数は多い。

確かに招待したい人がいるのだろうけど、ファンとの時間と言っていたのは嘘だったのだろうか?そして、40枚で不満ということは昨年までは何人を招待していたのだろうか?そんなにも見てほしい人がいるなら、その人たちだけに向けてコンサートでもやればいいじゃないか。身内だけを呼んで、お遊戯会みたいに遊んでいろと思ってしまった。口が悪くて申し訳ないが、それが本音でした。

 

また、このタイムライン流失から交流関係が流れ、チケットが渡ったと考えられる人までもが上がりました。リアルな交流関係にまで口出ししたくはないですが、誰に渡したか見られないようにするか、見られてもいい人に渡してほしいものです。もし、その人たちが入ったことにより、落選していたと考えると怒りしかないし、良席が当たり前のように与えられているというのも不満に思う。話によると1ブロックコネチケットなんて話もあるらしい。本当かは知りませんが、そんな話が出て「嘘だ!」といえるような根拠もどこにもありませんからね。ファンのためといっていたのに、これは何でしょうか。大切にしていた時間を踏みつぶされた感覚に陥りました。

 

 

 

そして2つ目に「証拠もないことを信じるやつはどうにかなればいい。そんなやつ俺の人生にはいらない」発言。少々単略していますが、内容はそのままです。正直目を疑いました。

 

確かに今の世の中は誰もが発信する側になれ、Twitterやインスタグラム、ネットには情報が溢れていてフェイクニュースも混じっています。だからこそ、嘘と本当の情報を私たちは選び抜かなければいけない。確かにそうです。だからこそ、昔彼がブログに言ったように「俺の発言を信じて」通り、あなたの発言を信じたい。

 

しかし、なんですか?ファンのためというコンサートの打ち合わせで飽きてメンバーに足をマッサージさせた発言や言葉を濁らせて書いたブログの「楽しかった」の真相は?同僚のご友人は有料ブログに匂わせて、女の話を上げていましたね。あなただけの声をしっかり聴けるほど私は盲目じゃありません。本当のことを言っていたとしてもその内容に不安も不満もあります。エゴさしてるんですか?意味深なんてしないでください。時々空回りしてます。あなたの発言がより不安にさせるんです。全部を純粋には信じられません。あなただけのせいじゃないかもしれないけど、周りの行動や評価も含めてじゃないとあなたを信じられないんです。私たち一般人は芸能人であるあなたをよく知ったり、見たりするためには何枚ものフィルターが必要なんです。それほどあなたと私たちには距離があるんです。

 

なんだか冷静になってみてみれば、あなたが言った言葉は宗教家のようですね。「私は神です、神の発言を信じなさい」って感じですか?笑わせないでください。巷でスキャンダル王と言われているあなたが写っている写真を見せながら言えますか?楽しそうに女性アイドルたりと花火をしている写真にしますか?それとも同じく女性アイドルとスキーウェアを身にまとい、抱きしめている写真にしますか?なんなら、キスしている写真にしますか?ああ、今回の流失したタイムラインでもいいですよ?なんでもいいですが、それを見せながら言えますか?距離のある一般人からは情報を選択した結果本当にしか見えないものがある以上、あなたの言葉は力を失うんですよ。気づいてください。

 

 

貴方の発言を正しいとするならば私は「あなたの人生にいらない人」です。

 

 

 

あまりのショックな発言にファンなんかやめてしまいたいという気持ちが溢れました。大好きだったグループのメンバーです、あなたのことも好きでした。そのアイドルらしい絶対的な発言などを支持していました。でも今回はあまりにもショックが大きいんです。こんなブログ書く未来なんて想像していませんでした。想像だってしたくなかった。まるでアンチですよ。こんなにもむかつくし、苦しむならばもうファンなんてやめてしまいたい。しかし、私の推しが頑張っている以上応援はしたい。その複雑な気持ちでいっぱいです。好きな人の好きなものを純粋に応援できないってこんなにも苦しいんですね。

 

きっとしばらくまだ悩むと思います。今回の件のアイドルくんのことはもしかしたら許せないかもしれません。でも、最後に何か言うならば、この件を知った頃からそれは決まっています。

 

 

 

 

 

お願いです、自分の好きな人たちの評価は下げないでください。

彼らの未来を傷つけないでください。彼らが好きなグループを傷つけないでください。

彼らが頑張る世界を崩さないでください。

 

 

これが、今私が思うことです。

やっぱり好き。遠征して良かった。

 

初めて遠征しました。 

(この先、例の件に少々触れます。逃げるなら今のうちです)

 

NEWSのLIVE TOUR 2017

NEVERLAND in宮城。

 

 

正直前日まで凄くモチベーションは低くて、友達に「宮城の目的はご飯と友達に会うこと!!」なんて言ってました。それぐらい本当にモチベーションがダダ下がり。グループ活動もなかなか無かったし、色々ありましたからね。

 

その色々に関して話し始めると泣き出してしまいたくなるから簡略的に話しますが、私は胸が苦しくて、許せなかった。何が本当かは私にはわからないが、五感で触れられてしまうものは何も言えないから裏切られた気分だった。あの時は彼の顔を見たら許せなくて、ソロ曲は聞けないだろうなって思ったし、暫くフルスイングだって聞けなかった。(実際にほぼソロ曲は聞いていない。フルはコンサートで初めて聞いた。)あれだけ口で私達に勇気や幸せを与えてくれていた彼の言葉が、全部嘘っぽく聞こえてしまうから。

 

 

 

でも、好きが溢れた。

 

自担がとにかく好きで、やっぱり一番で、いろんな意味で苦しくて、泣いた。

演出だって、セトリだって考えてあって「私ならこうしたい!」とか「これ良かったな!」って色んなことを思った。流れがやっぱりNEWSだった。好きなNEWS。

 

 

私は自担がメンバーと笑っている姿が好きだ。楽しそうな仲の良いNEWSが好き。

 

初めての遠征でモチベーションダダ下がりだったけど、終わってみたら幸せしかなかった。もっとモチベーション上げていけばよかった。でも、宮城に来てよかった。NEWSに会えてよかった。NEWSにもっと会いたい。好きと嫌いと不安と安心が入り乱れる。心ってこんなにもぐちゃぐちゃになるのか。

 

 

NEWSのコンサートは初めての連番者が「楽しかった!」と言ってくれたり、チケットを譲った人が幸せそうな顔をしてくれたりと素敵な人たちに囲まれて遠征が終えられたと思う。連番してくれたみんな、ありがとう。

 

 

 

NEWSさん、また会いに行きます。

 

宮城、ありがとう。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20170422080302p:image

不意打ちのイケメンセリフ

3月になりました。

 

今年一番忙しい時期だと思っています。それぐらい精神的にも肉体的にもやられています。朝から夜までキツキツの生活。何をやっているのかは詳しくお話しできないのですが、簡単に言えば何かを作っています。集団制作っていうのかな?そこで総責任者してます。というより、させられています。知らないうちになっていた。怖い。そんなブラック会社今すぐやめたい(震え声)

 

まあ、なかなか大変ですが、やりがいもあります。

 

 

で、今日何を話すかというと、ふと思い出した過去に集団制作でとある男の子から言われたことについてです。

 

 

あの頃は全てのことがなかなかうまくいかなくて、みんなばらばらになっていき、最後の話し合いで一度だけ皆の前でぼろぼろ泣いたことがありました。そのときはいろいろなものの限界だったんだよなー。

 

 

それから数か月後にまたその集団制作をもう一回やろうってなったんですが、その時に「もうちなが泣かないようにするね」ってとある男の子が言ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は?どこぞの少女漫画????

 

 

まじ、お前何を見た???なかよし連載物か??それとも花とゆめか?????いや、お前ならもっとアニメチックなものか?????

 

 

とにかく、「もうちなが泣かないようにするね」っていうのはずるい。

 

友達としか思ってなかったが不覚にもときめいてしまった。死にたい。無理。

 

 

皆様もぜひ自担で考えてください。最高に幸せになれます。好きが増加します。ヒイイイイしゅき。

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなイケメンセリフな彼を現在は尻に引いてますが……

 

アイドルの恋愛というグレーゾーンなお話

今日はふらっと考えていたことについて話そうと思う。

 

この話はしていいのかグレーなところだし、正直やめておいたほうがいいのかもしれない。気分が悪くなる人が出てきてしまうかもしれない。でも、もちろん勝手な自分のイメージだから文句は受け付けない。きちんと討論や意見交換となるような話ならばぜひ聞きたい。

 

今日は「アイドルの恋愛」について話す。

これから先は自己責任でお願いします。

 

 

ある男性アイドルが写真で匂わせている女性と付き合っているのかもしれないと噂が出たのが数日前。決定的な写真が流失して、その女性が属していた事務所を解雇になったのがほんと最近の話。

 

私もその男性アイドルのことが好きだ。変わらず今も好き。しかし、知った当初は多少のショックを受けた。恋人がいるということよりも何かに裏切られた感覚に近かった。彼のソロ曲は聞けても、グループのファンを思う気持ちを歌った曲は聞けていない。そんなファンが思いを話そう。

 

 

今回の彼に関わらず、熱愛が発表されたとき問題となるのは大きく2つだと思う。まず、1つ目は担降りについて。2つ目はアイドルの恋愛について。

 

 

【 担降りについて 】

 

その人を応援してきたが、やめること。それが担降り。

 

私も今までいろんな人の熱愛を見て、他人事のように思ったり、「別に担降りしても自分が良ければいいんじゃない?」と軽く思っていた。だが、今回の件で、自担ではないが気持ちがなんとなく理解できた気がする。

 

今まで心から応援し、辛いときには励ましてもらえる癒しとし、彼らに会うという自分のため、そして彼らのために俗にいうヲタクという人たちはお金を使ってきた。その時は笑って「貢いじゃった❤」なんて言うが、このお金は冷静になってみると信頼を表すものの一つの方法なのかもしれない。そして、そんなお金は自分の努力から生まれている。その努力は裏切られたときに掘り起こされる。

 

 

アイドルにファンが求める姿というのはさまざまである。アイドルとしてキラキラ輝いている姿、片思いや彼氏のような恋心、音楽やダンスを楽しむアーティスト性などなど。

だが、大半はアイドルとしての姿と、恋心で成り立っていると私は考える。もちろん私も含め、周囲もそうだ。だからこそ、リア恋枠などという言葉が出来てたし、妄想や愛を囁く言葉というものがうけるのだ。(ちなみに、とあるアイドルはこのリア恋枠は意味が分からないといい、またとあるアイドルはこのリア恋枠を認知し上手くサービスをしてくる)

 

そんな、アイドルとしての彼らや恋心を持った人の熱愛というのは、簡単に言えばイメージの崩壊や失恋というマイナスな言葉しかない。特にアイドルとしての彼らを追っている人にとって、熱愛はリアルな面が見えてしまう。今まで「ファンが一番だよ」「お前らのことずっと離さない!」といっていた言葉がいきなり嘘くさく見えてしまう。

もちろんファンと彼女の存在を一緒にするのはおかしいのだが、アイドルへの疑似恋愛をどこかで感じているのだからそんなの気にしていられないのが現実だ。

 

だから、「今まで信頼していたのに裏切られた」「もう彼がわかりません」など、絶望のセリフと共に「担降り」という言葉が使われるのではないか。私はそう思った。

 

そして誰よりも「ファンを大切にしています」「俺らとファンは心が繋がってる」という言葉が強いアイドルほど、裏切りという言葉が深くなるのではないだろうか。

 

 

最後に補足として、熱愛記事が出ても人気が落ちないアイドルというのは必ずとも存在する。いい例として、金髪のバライティーに出ている彼。これは某本で誰かが言っていたが、彼はファンへの愛が恥ずかしいほどドストレートでファンが愛を理解しているから。そして、アイドルとしては完璧な姿をしているからだろう。コンサートでは絶対の位置にファンを置いてくれるのだ。

もちろん、熱愛で荒れるアイドルに愛がないというわけではなし、みんながみんな某金髪アイドルのような人だったらそれはそれでなかなか厳しい顔をしてしまうけど……

 

 

【 アイドルの恋愛 】

 

熱愛があるたびに、「担降り派」と対極にあるのは「アイドルも人間だし、恋愛ぐらいしてもいい派」だと私は思う。

 

結論から申せば、私はこの考えにはあまり同意できない。もちろん理由はある。

 

 

アイドルだって人間だ。疲れて家に帰るし、お風呂にだって入る。お腹を痛めることもあるし、幼いころは同じようにおねしょをしてお母さんを困らせていたかもしれない。だから、恋愛をするのも同じだと思う。

 

 

しかし、決定的に違うのは「表の人間」だということ。わかりやすく言うと「芸能人」という本人が知らないところで自分を知っているという世界に足を踏み入れているということだ。

 

私たち一般人(本当はあまり好きな表現ではないが、わかりやすくするために使っています)は恋愛をしたところでマイナスなことなんて基本的には起こらない。

 

だが、彼らは「仕事」にマイナスな影響が出る。

 

 

彼らの仕事は少し変わっていて、自分という存在を商品とする。会社事務所)が所持する商品アイドル)のイメージやビジュアルに投資者企業)がお金を出す。それを認知し、私たちファンがお金を使う。少しややこしいかもしれないが、アイドルというのは一人で成り立つ仕事ではないのだ。

 

事務所は利益を生むために、アイドルをどのようにすればいいのか考える。CD、DVD、雑誌、ドラマ、映画、CM。様々なことをしている。しかし、どれも利益を生むためだ。この世の中、無料で行っているものなどない。無料の配信ゲームも広告でお金を取るし、街にあるフリーペーパーも宣伝費でできている。

 

企業の自社の製品を売るために、イメージに合うアイドルなどをキャスティングを行う。例えば、某中華調味料は「こんなかわいらしい息子っていいな」というお母さん方の気持ちを揺するために、20代前半のアイドルを起用した。もちろんこのCMは大成功。また、某ゲームのCMには某アイドルグループを起用。緩くもリアルな楽屋風景の中に楽しさがあり、興味を引くものとなった。このように考えられているのだ。

 

 

そんな中で、アイドルが不祥事を起こしたとなれば、事務所側はイメージダウンを恐れ、どうにかしてもみ消したり、話題変換を狙う。また、企業側も自社のイメージダウンを避けるため、CMの配信を止めたりする。アイドルは表ではあるが、ある意味中間なのだ。

 

不祥事というのはいろんなことがあげられるが、その中に熱愛も入る。もちろんその恋愛が本気恋愛だったとしても、世間のイメージというのはそう簡単に許してくれない。許されるのは絶対的知名度と人気、そして年齢だ。「もう彼もいい年、そろそろ結婚してほしい」とファンに思わせてから。または、長期交際を隠し通せたらだと思う。これはファンに「彼らはそんなに真剣だったのね。素敵なカップルだ」と思わせるため。なかなか難しいが、アイドルも職業。しかも、不安定なファン(言い方は悪い)が商売相手。イメージダウンだけは図ってはいけないと考える。

 

アイドルは一人で成り立っているわけではない。様々な都合の中で存在している。1つの熱愛で、大きなお金が動くのだ。

 

 

 アイドルは仕事。

 

他は私たちとは何も変わりはしない。同じように生活する人間だ。だた、彼らは人よりも少し世界が広く、ちょっとした言葉や行動一つで大きくの人に影響を与えてしまう可能性があるだけ。

 

 そう、それだけ。

 

 

 

いろんなことを考えたが、今年はそんなアイドルたちを応援すると決めている。しばらくは熱愛では悩みたくないな、なんて考える私でした。

 

 

(わかりにくい文章でしたが、最後までありがとうございました。)