読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

【加藤シゲアキ】課題×自担。

 

課題で同じ人について新聞記事とWeb記事を書く課題がありました。誰かの紹介文のようなやつで、その媒体に合わせたものならば誰でもいい。

 

「お?これは自担のターンかな?」

と思い、私は加藤シゲアキくんで書きました。

 

もう提出も評価ももらったやつなのですが、結果として先生からお褒めいただきました。

 

 

「よく掛けていました!このまま載せてもおかしくないわ。あと、少し訂正入れればより良くなるね。ちなさんは文字を書くのが好きなのかな?それとも加藤くんを伝えたい思いが強いのかな?」

 

 

うわぁぁぁぁなんとお恥ずかしい!!!!

 

シゲアキくんの作品をより多くの人に読んで欲しいという思いを込めて書いたので、愛がバレていたと思うと死にそうになる。

 

好きなことで成績がもらえるのは嬉しいし、朝早くからの講義でもシゲアキくんのためならと生活してきたのでなんというか一石何鳥にもなっているのですが、恥ずかしいものには変わりない。

 

 

しかも、講義中もみんなの前で文の冒頭を読んだりと色々と公開処刑をされてきたので死にたくなることもありましたよね。先生が例文説明で私の分を使うこともあったし。

 

 

そんなに加藤シゲアキって連呼しないでよ!!!!!恥ずかしいじゃない!!!!!!写真貼れ!?そんなのしたら見る度ににやけちゃうじゃない!!!!!!!!葛藤だらけの講義でした。

 

 

 

今思えば辛かったのに終わると少しさみしい。

 

 

ちなみにこの講義、参考資料でたまに山田涼介くんのインタビュー記事とかも出てきて関係ないのにそっと別のカラーのラインマーカーで名前を引くという作業をしていたのも良き思い出です。