読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

【横山裕】413man

関ジャニ∞

 

初めて聞いた時、涙腺が緩んだ。

 

 

よこちゃんの優しい声から始まる曲。

 

 

『一つだけ願いを叶えられるなら何がいい?』

 

 

なんだろう。

 

わからない。

今の私には特にない。

 

 

 

「嫌だなー、大学辞めたいなー」

「朝面倒だなー」

「店長うるさいなぁー」

 

 

そんなこといっぱい思った。

 

でもどれも特に願いとするほどのものではない。何となく暮らしていたり、少し頑張ればいつの間にかそれからは解放されるし、なんだかんだ嫌いになれないでいたりするから。

 

 

 

 

『天国のじいちゃんにありがとうを』

 

 

よこちゃんがそう言った。

 

私は自己中心的だなって思った。

 

 

 

この曲って凄くよこちゃんの気持ちが強くて、何かに重なるのかな?ボロボロ泣く。ただの悲しい曲じゃないの、気持ちがある優しい曲なの。思い出して笑えるような所があって、心を刺激するような悲しいところがあって、本当に素敵な曲。

 

 

 

『スーパーマン 僕の中ではじいちゃんです。ちょっとはあなたに近づけていますか?僕には大切な仲間ができました。』

 

 

あぁ、ずるくていいサビだ。

 

 

『別れの日色んな大人達は笑ってた。』

 

 

そこの歌詞はよこちゃんらしいなって思った。気持ちが溢れて溢れて、たまらない。

 

 

きっとこの曲は自分の何かにも引っかかることがあるのだろう。感謝しなきゃな。いろいろ気付かされて、考えさせられる曲。

 

 

 

知らない人は聞いて欲しい。

 

それぐらい素敵な曲だ。

 

f:id:basilbasilbasil:20160930144334j:image