読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

【ジャニーズ】一緒にバイトしたいランキング

NEWS Hey! Say! JUMP 関ジャニ∞ 妄想

勝手に一緒にバイトしたいランキング!!!

 

\パチパチパチ!!!!!/

 

 

今回はバイトの休憩中にふと思いついたランキング。勝手な妄想付きでお送りします!!!!ではでは!さっそく!!

 

 

 

 

 

第3位!!!

 

関ジャニ∞ 大倉忠義と塾講師(小学生の採点のみ)!!!

 

個別塾のアルバイトを初めて半年。子供は好きだし、成長が見れるのは嬉しい。やりがいはもちろんある。でもやっぱりお母さんのクレームは痛いなぁ。だって、「子供が宿題をやらない」だよ?いや、いやいや。受験のための塾だから宿題はお家でやるものだからね?わからないなら聞いてもいいけど、何も宿題に関して言ってきてないから。それなのに理不尽すぎる。

「はぁ……」

「何ため息吐いてるん?」

「大倉……」

同じぐらいに入ってきた同期の大倉。軽く事情を説明すると「それお前のせいじゃないやん」って背中を叩いてくれた。彼なりの励ましなのだろう。そう思うとなんだか少し気が晴れてきた。

「ありがと、大倉」

「これぐらいなんてことあらへんよ、それでもお礼がしたい言うならお酒奢ってーよ?」いたずらっ子のような笑みを浮かべる大倉。誰がお礼したいなんて言ったんだよ。

「しゃあないなぁ、今晩開けとけよ?」

「え?まじで?」

「ほんと」

今日の夜がこっそり楽しみになった。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160930224906j:image

 

 

 

はい!!!!!勝手な妄想でしたねぇ~~~!!!!!ただ私はこの画像の大倉くんが好きすぎるのです。胸きゅん。頬杖を付きながら少しだるそうに悩みを聞いて欲しい。時には厳しく、時には甘く。アメとムチを使い分けて、ドキドキさせて欲しい。

あと、なぜ塾講師かというと真剣な眼差しが見たいのと、子供と無邪気に笑っているのが見たいのと、現役大学生同士で勉強会開きたいからです!!!!!私にも教えてください大倉先生!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

第2位!!

 

NEWS 加藤シゲアキと本屋さん!!

 

「そのダンボールどこに持って行くの?」

「え?三階の倉庫だけど……?」

手元に管理職の元に行こうと思っていた同じアルバイトの加藤くんに呼び止められた。加藤くんは少し考えた素振りを見せて、「そこ置いておいて、やるから」と言って事務へ行こうとした。しかし私はそれを呼び止める。

「いや!私が頼まれたし、それに重いよ!」

「だから男の俺がやるの。その代わりにこれ、事務所ね」

彼は持っていたファイルを私に渡し、代わりに重たいはずのダンボールを軽く持ち上げた。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160930225208j:image

 

 

重たい荷物に気がついてさらっと荷物を持ってくれたり、レジで一緒の担当になったらお互いがやりやすいように空気を読みあっていて「加藤くんとやるとやりやすいな」と言ったら「俺も思ってた」って笑い合いたい。あぁ、こんなの幸せだ。

入より30分も早く着いてしまって、休憩室で待ってたらちょうど終わった加藤くんとばったり。私の時間を潰すように「あ、この前出た新作読んだ?」なんて話を着替えのカーテン越しに話したい。「おすすめは?」とか言って趣味も同じだって気づいて徐々にプライベートでも合うようになって……

 

っていう妄想は尽きないですね。まぁ、やっぱり加藤さんって感じになりましたけどね!!!!!うふふ!!!!!!!!

 

 

 

 

 そして第1位!!!!

 

 

Hey! Say! JUMP 有岡大貴とハンバーガー屋!!

 

「今時間あるし、カットトマトお願いしてもいい?」

「わかりましたー!」

先輩から言われたため持ち場を離れ、裏へ行く。キッチン台でトマトを洗い、特殊なスライサーへ。ロングのシフトで足がさすがに疲れてきた私はキッチン台に寄りかかりながら、スライサーをゆっくりと動かしていた。

「何してんだ!」

「……なんだ、有岡くんか。驚かさないでよ」と言うとクックと笑っている。確か彼は休みのはず。

「シフト出しに来ただけだよ」

「わざわざ、暇人だねぇ」

「しょうがねぇだろ。この前忘れたんだから」

同い年が少ないせいか、有岡くんとはよく話が合う。会話は途切れずに続く、続く。

「あ、遅いと思ったら有岡といたのか!またちょっかい出して!遊んでるんじゃないよ!」

先輩に見つかり「やべっ」と顔をしかめた私達。私はスライスしたトマトをさっと指定のカゴに入れて、「また!」と言って先輩のあとを追った。有岡くんも「また!」と同じように行ってシフト提出ボックスの方へ向かった。

なんだか、少しだけ疲れかも吹っ飛んだ気がした。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160930230824j:image

 

 

過去にハンバーガー屋でアルバイト経験があるのですが(ちなみに某Mではない)、若者が働いているイメージが強い!それに仲がいい!元気者の有岡くんと仲がいい私の二人シフトが被る日は「うるさい日」なんて呼ばれたい。ちなみに有岡くんはレジに立つと常連さんには「ガムシロ2つですよね?」と当たり前のように好みを覚えて欲しい。(ちなみに私がやってた時は覚えさせられた)

とにかく二人で元気に「いらっしゃいませ!」と言って、「今日も元気ね」と常連さんにまで把握されていたい。

 

 

 

 

こんな妄想を叶えるアルバイト先はありませんか……?