読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

味園ユニバースのポチ男くんの歌が好き。

関ジャニ∞

f:id:basilbasilbasil:20170120223636p:image

 

 

味園ユニバースをやっと見ました。

 

公開から約2年。公開当初から少し気になっていて、見るときにはヲタクとして見ているとは……未来は想像できませんね。笑

 

ネタバレ込みで話していきますので、よろしくお願いします。あと、少しだけ酔ってます。許してください。

 

 

【 あらすじ 】

 大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。やがてバンドのボーカルに迎えられたポチ男は、喪失した過去の記憶をたどっていき……。

解説・あらすじ - 味園ユニバース - 作品 - Yahoo!映画

 

 

 

 

作品の感想に入る前にこれだけは言っておきたい。

 

f:id:basilbasilbasil:20170120223646j:image

 

 

かつて、アイドルのお酒とたばこを同時に合法的に見ることが出来た人がいただろうか。大好物です。このミスマッチで、暗黙の了解のようになかなか見られないこのセット。大好物です。はい、黙ります。はい、すみません。

 

 

まあ、本編でポチ男と名づけられ呼ばれるこの男、なかなか悪いやつなんですが、とっても似合う。そんな彼を成り立たせるには「歌」しかない。まずはそんな彼の歌について。

 

f:id:basilbasilbasil:20170120223702j:image

 

 

ぜひ、あまり聞いたことがない人に聞いてもらいたい。もちろん知っている人にも聞いてほしい。だが、アイドルということを忘れてこのエネルギッシュな歌を聴いてほしい。

 

最初のほうが、記憶喪失ということもあり、控えめに歌うのだが、これがまた上手い。というか、彼の肺活量はどうなっているのだ?しっかりと息を吸い込んだような歌声をさらっと出すのだ。え?ほんと肺活量な。肺活量おばけかな??

 

そして、最後のシーンの歌を見てほしい。そわそわしてしまうほどのこの感じ。LIVEに言っていたころを思い出す。生で聞いていたらきっと踊り出してしまう。いや、本当に。なんというか懐かしさもあるこのLIVEをぜひ見てほしい。

 

 

見てほしいといえば、もう一つ。彼の演技。

 

記憶喪失前、記憶喪失中、記憶復活後と大きく分ければ三種類に分かれると私は考えるが、一番は中と復活後。この差に注目してほしい。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20170120223710j:image

 

ちなみにこれは復活後のワンシーン。

 

表情、言葉遣いが変わるのだが、この粗さが何とも言えない。心の中がぐちゃっとなっているのがわかる。きっと彼はとてつもなく不器用だけど、何を大切にしようというのはしっかりとあるんだろうなと私は思った。いいか?私は思ったのだ。主観だ。 

 

 

関ジャニ∞の演技担当といえば、錦戸さんと大倉さん、横山さんあたりをイメージするかもしれない。また、渋谷さん=歌かもしれない。(私のブログを見る知り合いにはJUMP担が多いため一応)

 

だが、エイトはみんな演技ができる人だと思う。もちろん演技には好き嫌いがあるからなんとも言えないところもあるから「思う」という表現を使ったのだが、渋谷さんの役は彼だからできる役だと私は考える。ちょっと特殊な役。なかなかアイドルが担当しない役。そんな勝手なイメージ。いいか?勝手なイメージだ。これも主観。

 

まだ知らない人も意外と見てみるとお気に入りの役者が見つかるかもしれない。ぜひ見てほしい。この作品は実力派である二階堂ふみちゃんも出ているのでおすすめの言葉しか出てこない。もう私得でしかない。

 

 

 

 

 

とにかく、見て私的には損がなかった。盛り上がりの点でいえば、少し物足りなさを感じる人もいるかもしれないが、好みの問題だからそりゃあいるわな。

 

すばるくんを知らない人には見方が変わるかもしれない。そんな彼の主演映画。

 

 

 

さぁ、次は何を見ようかな。

 

f:id:basilbasilbasil:20170120223715j:image