読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

【伊野尾慧】さよなら、日下瑛治くん。

Hey! Say! JUMP

 

正直なお話をしましょう。最終回だからというのはなしとして。個人的な感想をひたすら述べましょう。いつもの甘甘な「きゅんきゅんきゃわたんんん♡」っていうだけのものにはならなさそうです。

 

って言ってもやっぱり伊野尾くんは凄かった。

 

f:id:basilbasilbasil:20160912082903j:image

 

キーパーソンって言ったヤツ誰よ?もうこれはほぼ準主役級の役でしたね。オープニングの名前順でも新一、早苗ちゃん、日下くんだからガチでいい役もらえたんでしょう。

 

キャスティングしてくださった皆さんに感謝しかありません。私は伊野尾くんがきちんと演じるところをリアルタイムで見たのは『ドクターX』だけだったので、今回の役柄には驚きました。

 

テキトー王子とか呼ばれていつもへにゃへにゃって可愛らしく、いると空気が和む緩い感じの子。ご飯が大好きで、木曜日の朝にご飯を片手に持ってる子。ちょっぴり下ネタが好きな子。きのこみたいなかわいい髪型をしてる子。

 

そんな子が『僕のこと殺してみますか?』とか言うんです。オチは想像してたけど、こんなことになるとは思ってなかった。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160912082938j:image

 

貴方がこんな顔を出来るなんて思ってなかった。こんなにも反抗的で恨みが詰まってて、憎んでいる顔。知らなかったよ。いつも柔らかい印象だから逆に胸をつかまれた。

 

でもね、感情メーター振り切っちゃダメだよ?じゃないと台詞を噛んだり、聞こえないものになっちゃうの。まぁ、簡単に言うと、熱のある演技にも冷静な面を持たなきゃいけないってこと。難しいけどそれが出来たときは凄いと思うなぁ。

 

でもやっぱり貴方がそこまでやれる人だと思ってなかったから感動の方が大きい。貴方が電話で『ねぇ、殺した?』って言った時、涙が出てしまった。別にシーンでいえば、感動するシーンじゃない。ただ、ここまで大きな役を任せてもらえたという貴方に感動した。たくさんの役者がいる中に『伊野尾慧』という人物が選ばれたって凄いことだと思う。改めて、おめでとう。

 

 

最後の家でのシーンは30ページもの台本を1日で仕上げたらしいです。

 

f:id:basilbasilbasil:20160912083000j:image

 

コンサートもあって、めざましテレビもあって、他にも雑誌に出たりなんだったり、多忙な貴方にとって大変なシーンだったと思う。それを一時間で見れてしまうというのはなんと言えばいいのかわからない気持ちになる。

 

でも面白かったなー。最後のシーンももちろん、1話から最終回までずっとドキドキした。『登場人物、全員容疑者。』っていうキャッチコピー通りだった。なんとなく流れが読めても裏では別のことが起こってる。

 

 

だからこそ、すっきりしなくてもいいから、物語が完結するようにして欲しかった。別に嫌いじゃないんだけど、監督や関係者が補足をしないとすっきりしない物語って腑に落ちない。今回に関しては『登場人物、全員容疑者。』っていうフラグ起きまくって、視聴者に謎を回収されるタイプの話だからこそ、最後は綺麗に占めて欲しかった。まぁ、逆に言えばだからそこ期待値は高いので、難しいんだけど。

 

でも、綺麗に占めると言っても今回のは『綺麗にまとめた』だと思う。TL見てても、「え?終わりそれ?」みたいなツイートが多かった。物足りないんですよ。いい意味であれだけ謎だらけの話だったでみんなが釘付けになったから。

 

別にすべてのフラグを回収しなくていいと思います。でも残し方が甘かった。わかりやすく例えると骨付きの魚を食べていて、前の人が食べ終わっている素振りをしてるんだけど「まだそれ取れるよね?食べられるよね?」って感じ。分かるかな?フラグ回収が残っているのが気になりすぎるって感じ。

 

だったら、いろんな都合があるとは思うけど、最終回拡大スペシャルとか、その場で裏側を写したスペシャル発表とかして黙っているべきかなと思う。あそこまで監督さんやらが語っているのを見ると続編とかはなさそう。それに視聴者の感想とか想像なら何も言わないんだけど、関係者のそういう想像は「思ってる」っていう自分の考えでも他人に影響力を持つからね。

 

 

んで、そこで視聴者の勝手な妄想として、私が演出家ならば取調室のシーンの途中で話す『日下くんは猫みたいに……』ってところで人気のない路上に倒れて微笑むか、倒れていたのを微笑んでからグッと顔を歪めながら壁を伝いながら歩くとかのシーンを入れる。(多分、日下くんはどこかで生きてるって言うのをその後の早苗ちゃんの後ろを通るトラックでフラグ立てをしたのかもしれないが)

そして、その後取調室で出たところで早苗ちゃんと新一くんが向き合って、微笑むとか抱き合うとかで『僕は今孤独から一番遠い場所にいる』のテロップにするな。

最後のお墓のシーン入れたいならば、何ヶ月後とかを何年後にして入れるな。(あまりにも2ヶ月日常が戻っているというのはあっさりしすぎてると思ったので。)

 

 

うむむ。日下くんのシーンを入れたい。まぁ、日下くんファンとしてはね、そう思ってしまうのだよ。

 

 

とにかくここまで熱中して見れた作品は久しぶりな気がします。それに今後もなかなか現れないでしょう。伊野尾慧だからといって見ていた訳ではありません。この話だからこそ見ていた。あぁ、楽しかったな。

 

 

伊野尾くん、有名な実力のある役者さんに囲まれてのドラマ。また、キーパーソンという役柄はプレッシャーもあったのかもしれません。でも、多くの人があなたの演技を見て、頭を悩ませ、日曜日の夜を楽しんでいた。私もそのひとりだ。私は貴方が日下瑛治で良かったと思っている。来週からの楽しみが減ってしまうのは悲しいが、今後の貴方に期待をしている。このドラマを経て、貴方は何かを感じ取ったと思う。このドラマを見て誰かが貴方を知ってくれたと思う。貴方が大きくなれますように。成長出来ますように。私はそう願っている。本当に素敵な時間だった。お疲れ様。ありがとう。

 

 

 f:id:basilbasilbasil:20160912083027j:image

 

そして、誰もいなくなった

2016-09-11