読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きなんです。

好きなものを好きという、簡単で難しいこと

【NEWS】BYAKUYA、黒と白。

 

少年プレミアム。

一か月に一回。第三週。これを楽しみにしていた。待っていた。今日もPremium Showについて話そう。

 

今回はリクエストの中から多いもの、『BYAKUYA』を。

 

BYAKUYAはいい。すごくいい。世界観があって、かっこよくて、闇というか、叫びというか、彼らだからのインパクトとして刺さるものがある。もちろん私もBYAKUYAをショウプレでやってくれるのを心待ちにしていた人だ。やっと来たと思ったら、こりゃたまげた。死んじまうぞ?ファンを殺しにかかっている。やめてくれ。好きすぎる。

今日はJr.くんたちの力がすごく強い。かっこよさやNEWSや世界観が引き立つ。はあ、すごい。

 

まずはJr.くんから始まったこの曲。世界観ある踊りと黒い衣装。プロジェクションのような悪魔の映像と布の演出が恐ろしい。そして、影が美しい。

 

薄い白い幕が上がえい、Jr.の幕が開かれ、見えたのは増田貴久。見せ方が上手い。なんだこの男は。一瞬、ほんの一瞬だった。目が離せなくなる。画面という液晶を通じてなのにこんなにも掴まれるのか。彼は本当に表情の光と闇がの使い方が上手い。日ごろ笑顔が可愛い彼だからこそ、無や闇をまとった表情に惹かれるのだろう。本当に美しいからやめてくれ。好きだ。好きすぎて君しか追えなくなってしまうではないか。

 

そして次は加藤シゲアキ。彼は冷静だ。クールだ。彼はきっと物語の世界では分厚い本を手に持って、眼鏡をかけているのだろう。科学者のような知的な分析で物事を支配する。スッと冷酷なことも言える。そんな人。っと、一瞬で妄想してしまった私。「このままじゃ終われない 終われない」の最後のところで手を構え、静かにゆっくりと手を挙げていくが、その後一瞬スナップをかけてまたゆっくりと下げていく。たまらなく好きだ。ありがとう。

 

そしてそして、小山慶一郎。彼のリズムをとる腰はなぜそんなにもエロイんだろうか?色気を持ちすぎている。いつからそんな子になったの?好きでしょ?そんなの好きに決まってるでしょ?ダメよ?

 

はい、来ました。この男、手越祐也。彼は一瞬で世界を持っていく。自分色に染めるのだ。存在だけではなく、歌でも染める。ああ、彼だ。と安心させつつも、心はぐっと掴まれて何をしてくれるのだという期待でいっぱいになる。彼はやはりすごい。そして彼の「白い夢」のが鳴りは期待以上のものを持ってきてくれる。ありがとう。待っていた。本当に彼のが鳴りが好きなのだ。

 

 

サビに入り、全員がセンターに向かって歩みだす。クロスの白い床はなんとも言えない。十字架を連想させる。この曲にはもってこいだ。

 

 

二番のDVDで見たBYAKUYAを思い出させるかのようなドキドキ感で胸が締め付けられた。ああ、好きだ。やっぱり好きだ。こんなにも好きでいていいのだろうか。

 

白い衣装で来たときは「お、マジか。」と思い、妹には「これだと白は飲まれるね」って言われた。きっと人数的なことから言っているのだろう。寄りの映像を見ると美しくて、白でよかったと思ったがやっぱりBYAKUYAは黒のイメージ。少し物足りなく思っていたが、そんな心配いらなかった。

 

幕が下りて、美しい映像が流れて、幕に逆光で映るNEWSメンバー。小山さんの首元モフモフのシルエットを私は知っているぞ。あ、これは……

 

そう思った瞬間に、幕が上がる。黒の衣装を着ていたJr.が白。白の衣装を着ていたNEWSが黒。しかも、あの当時の衣装だ。なんてことだ。黒を白が飲み込み、すべてを奪い取った。こんなにも闇にまみれた瞬間を表現できるとは。しかも、最後の垂れる黒い幕を引っ張り、振り返る演出。それも最高だ。

 

 

 

 

でも、やっぱり離れない。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20161019220552j:imagef:id:basilbasilbasil:20161019220602j:image

 

 

今日の私的大勝利は「まっすー」だと思う。

はあ、幸せ。つらい。好き。

 

 

 

f:id:basilbasilbasil:20161019220608j:image